海辺の森日記

本物のバーベキュー(BBQ)体験サイト造成中!

2017年06月04日

あなたは「本物のBBQ」を体験したことはありますか? 

 

 
本物?と言われると首をかしげる人が圧倒的に多いと思います。断言します、あなたの食べたのはBBQではなく焼肉です。しかし、これからお伝えすることは、決して焼肉を否定するものではありませんのでご了承ください。
 
 ここで、いったいなぜBBQなのか?についての説明に入ります。私、Sは、ここ20年来NPO法人森の会というボランティア団体で活動しています。福島潟周辺や道の駅豊栄、海辺の森などでの植樹活動や自然体験学習を通して子供たちの健全育成などにかかわってきました。この活動の中で、行政や地域の皆さんとの協働が始まり、なんとこの4月から「海辺の森」の指定管理業務を委託することになったのです。
 
 厳しい審査ではありましたが、見事合格となりました。ここでは、キャンプ場の運営や管理、建物の清掃や草刈りなどをメインに行います。しかし、行政に期待されたところは自主事業という創造的なことで、利用者の増加や地域とのコミュニケーションにより将来の地域活性化のためのコミュニティビジネスへの展開を目指すことが大きな目標となっています。
 
 その地域活性化の一環としてキャンプ場内で開催するのが「本物のBBQ」という長い前段のお話でした。
 
さて、本題の「本物のBBQ」、こんなグリルを使って分厚い肉や魚、丸ごと野菜を焼き上げます。「タレ」を使う概念はなく、「フレーバー」。私たちがBBQに接するときにはほとんど口にすることはない言葉ですが、「フレーバー」というのは、ただの味付けのことではありません。香り、味、そして食感をも支配する、いわば「風味」に近いものと言っていいでしょう。そして、大事なのはそのフレーバーは「先付け」であるということです。焼く前にしっかり素材に移し込んでおく。それを焼きながら「蒸す」ことでフレーバーを素材に閉じ込めてしまう、これが本物のBBQ の手法です。分厚い肉、丸ごとのチキン・野菜・魚そして果物まで、初めての味があなたを虜にすることでしょう。
 
私たちが目指すのは地域文化と融合した本物のBBQです。
 
オープンは7月29日(土)の予定です。乞うご期待!!
 

 


 
パンフレットダウンロード

海辺の森パンフレット.pdf